忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/09∥123456789101112131415161718192021222324252627282930
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[17] [16] [15] [1] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みの「さっ、続いては今日は何の日。」
高橋「まずはこちらをご覧ください。」
FNNスーパータイム(1988) FNN KTVアタック600(1987)

FTVテレポート(1990)
「今からちょうど10年前、1997年3月30日はFNNスーパータイムが終わった日でした。」

1984年10月、フジテレビは夕方のニュースに画期的な新番組を立ち上げた。
「FNNニュースレポート6:00」と「FNNニュースレポート6:30」を統合する形で
キャスターには「6:30」のキャスターを長らく担当し、「6:00」のキャスターを務めていた逸見政孝アナウンサー(当時)と
幸田シャーミンだった。

それまでのニュース番組といえば報道局が単独で作っていた印象が強かったが
この番組ではバラエティー番組などを担当したスタッフなども加わり
それまでにないスタイルのニュース番組が誕生した。
例えば、キャスターが立ってニュースを伝えたり
音楽やテロップを効果的に使った番組構成や、
時には報道から外れることもあった特集コーナー「特報」など。
この結果、それまで夕方のニュースで圧倒的な地位を誇っていたTBSの「JNNニュースコープ」の牙城を壊し、
視聴率において民放1位になった。

この番組を語ることで忘れてはならないのは地方局での放送状況だろう。
何しろ全国的に視聴率が高かった割には
高視聴率に貢献したとされる「特報」コーナーなどは関東ローカルで
強力ライバルの「ニュースコープ」の開始時刻はまさにローカルニュース放送中だったからだ。
では各地で多く見られた理由は何だったのか。
それは全国ニュースとローカルニュースの一体化だろう。

当時は同じ夕方のニュースでも全国ニュースとローカルニュースは全く別番組扱いであり
フジテレビ系列以外はローカル→全国の順で始まっていた。
そしてスーパータイムではローカルニュースに全国ニュースが内包される形を取った。
関西テレビを例に取ると元々
6:00「FNNニュースレポート6:00」6:30「アタック630」
として放送していたのを1984年10月からは
6:00「FNN KTVアタック600」
つまり、見かけ上は1時間のローカルニュースとして放送され
さらに新番組ではなくおなじみのローカルニュースのリニューアルとしたため視聴者に安心感を与えた。

ただし、ある問題が生じた。
同じ番組でしかもオープニングやテーマ曲も同じであったのにもかかわらず
「スーパータイム」というタイトルで放送されたの系列局はわずかで列局によってタイトルが変わっていたのだ。
だから全国ニュースでは番組のタイトルが言えず
「昨日のこの時間にもお伝えしましたように。」とぼかしていた。
しかし、番組開始からしばらくするとフジテレビからの圧力があったのか
各地のバラバラだったタイトルもほぼ「スーパータイム」に統一され
1992年春には、福島テレビ「FTVテレポート」、関西テレビ「アタック600」、テレビ大分「ニュースインおおいた」のみがになり
これらの番組での差し替えは最終回まで続いた。


1996年10月には裏番組「ニュースプラス1」が5:30開始に繰り上がり
視聴率1位の座を明け渡したものの
ある程度の視聴率を記録していたため1997年4月以降も番組継続と
一部の3月時点でのテレビ雑誌には表記されていたが
急遽「FNNニュース5:55 ザ・ヒューマン」が開始することになり
「FNNスーパータイム」は12年半の歴史に幕を下ろすことになった。

【参考】FNNスーパータイム - Wikipedia

自分は専ら「ニュースの森」派だったものの
火曜日は7時から「サザエさん」の再放送があるためなのか
その日の番組後半だけはよく見ていた。
ただし女性キャスターが松山香織さんに変わってからは全く見た記憶が無く、最終回も全く見ていない。
いろいろ人生で後悔することも多いが、「スーパータイム」と「ステーションEYE」の
平日最終回が放送された1997年3月28日はその中でも1、2を争うだろう。

……3月28日って「今日は何の日」じゃない。
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/