忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/06∥123456789101112131415161718192021222324252627282930
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月某日

夜遅く、バイトから帰ってくると

部屋の前に見慣れぬ封筒が置いてあった。

自分宛の郵便物は、母が部屋の前に置いておいてくれるのだが

だいたいはクレジットカードの請求書とか毎度決まっている。


しかし今までなかったようなねずみ色の封筒。

手に取って差出人を見ると、全てが確信に変わった

時専ファン感謝祭招待状

時代劇専門チャンネル
ファン感謝祭2009
、当選のお知らせ。


時代劇専門チャンネルのファン感謝祭は毎年開かれているが、

自分が応募したのは今年が初めてだった。


チャンネルの視聴者層はお年寄りがメインだから

あえて応募者の少なそうな夜の部にネットで応募したところ、

325人の当選者のひとりに選ばれたわけだった。

この感謝祭、当選者以外にもう一人も入場できるが

同世代の人で時代劇好きもいないし、

半月前の誕生日に何も上げられなかったので

と一緒に行くことにした。


そして当日9/5(土)・・・

自分は一足先に来ていたので、13:00に新宿で母と待ち合わせ。

カレーショップ C&Cで昼食。

新宿伊勢丹の大北海道展で、我が家定番のアクセサリーを購入。


しかしそれでもまだ14:00を少し過ぎただけで

ファン感謝祭の開場時刻16:30にはほど遠い。

とりあえず、会場の近くに先に行ってみることにした。

ところが途中、前に一人で行ったNHK放送博物館を思い出し

母と一緒に時間つぶしに行ってみることにした。

ただ、この博物館は愛宕山という山の上にあり

前日、自転車から転倒して足を痛めた母にとっては

かなりきつかったようだ。


16:40頃、ファン感謝祭の会場に到着

日本消防会館

日本消防協会 ニッショーホール

消防団員でもある母は何度も訪れたことがあるそうだ。

開場から既に10分ほど経っていたが

まだまだ来場者の行列が開場外にできたいた。

時専ファン感謝祭入口

会場入口にはインフルエンザ対策のために

消毒用アルコールがおいてあり、手を洗わなければならなかった。


会場内は自由席で、少し高めの場所に座ることにした。

しかし、来場者は白髪の交じったお年寄りばかりで

22歳の自分より若い人はおろか、

20代すら自分以外に見当たらない。



ファン感謝祭の中身はと言うと

第1部は渡辺謙主演『御家人斬九郎』HDリマスター先行上映。

単にフィルムをハイビジョンカメラで撮り直したレベルではなく

4:3で放送されたフィルムを、16:9に合うように修正し直す

という当時のカメラマンも含めたすごい手間をかけている。

つまらないとすぐ寝てしまう母も一睡もせず楽しめたようだ。


第2部は、俳優の原田龍二さんと山口馬木也さんのトークショー。

最初に、客席の通路に大声叫ぶ男が現れたと思ったら

峰蘭太郎さんら東映京都所属の悪役でおなじみ4人の俳優さんを

加えた計6人での殺陣ショーが始まった。

カツラは着けていなかったが、生で見る殺陣は迫力があった…

と言いたいが原田さんだけは相変わらず下手だよな…。


二人が出演する水戸黄門や剣客商売の裏話も登場し、

小林綾子・里見浩太朗のビデオレターなど

とても無料とは思えない充実した内容であった。



計2時間、楽しい時間はあっという間に過ぎた。

記念品タンブラー

オリジナルグッズのタンブラーもお土産に一人ずつもらえた。

どうにか、母への罪滅ぼしになったのではないだろうか。


でも来年はできれば同世代の人と行きたいなぁ…。
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/