忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/09∥123456789101112131415161718192021222324252627282930
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誕生日を過ぎると人が変わるとか

自宅でBS11、TwellV、e2が視聴可能になったとか

コンタクトレンズを使い始めたとか

何かと変化が多かったこの春。


しかし4月に入ってからすぐ
自分でも信じられない大きな変化があった。
きっと、自分をよく知っている人も驚くことだろう…




恐ろしいほどに
テレビを見てない

信じられないのも山々だが
もっと信じられないのは自分自身だ。

厳密に言えばテレビを見ていないと言うより
テレビの中身を楽しんでいないというのが正しい。

「テレビを見る」と言う行為に
「テレビ鑑賞」「テレビ観察」の二つがあるとしたら
普通の人は専ら「テレビ鑑賞」を指すであろう。

ところが自分はこのうち「テレビ鑑賞」がほとんど消えて
「テレビ観察」のみが残ってしまっている状態なのだ。

確かにテレビを付けているけども番組内容を楽しむのではなく
・番組構成
・テロップの配置
・地方局での放送状況
といったことが「テレビ観察」される対象である。

ちょうど鉄道オタクが
公共交通機関としての鉄道の機能から離れて
車両や駅舎などに興味を持つことに似ているだろうか。

本気で楽しんでいるのは
ゴールデンタイムだと家に帰ってくるのが遅いことも多いからか
「夫婦道」(水曜21時、TBS系)
「必殺仕事人2009」(金曜21時、EX系)
と言ったドラマしか真剣に見ていないような気がする。

バラエティは「水曜どうでしょう」といった深夜番組の一部しか
大笑いできなくなってしまったなあ。




「テレビがつまらない」
なんて話はこの5年くらい散々聞いてきた。

関東から関西に越した知り合いが
「関西のほうがテレビは面白い」と言っているのも聞いた。

自分も「昔よりつまらなくなった」という実感はあった。

しかし相対的につまらなくなったのであり
ゴールデンタイムでも毎週見たくなるような番組はあった、

3月までは。


きっかけは4/2の「関口宏の東京フレンドパークII」スペシャル。
3月までと大して変わりない内容なのになぜか面白くない。

不思議だ。

特にバラエティ番組が全く面白くなく感じる。

一方、この5年くらいほとんど見向きしなかった
ドラマを見る割合が増えたような感じだ。



何だか周りの人があまりテレビを見ないのが
分かってきたような気がする。

それだけ自分の精神年齢が低く
ようやく成長してきたと言うことなのか。
何だか去年あたりまでの
若気の至り(と言うほどでもない)が無くなってきたような。

とりあえず「テレビ鑑賞」が無くなると
かなり暇です。
色々とやることがあるのですが
今までやれなかったそれらをこなせる時間ができるほど暇です。

何かと多くのことに挑戦したり
深く考えられる時間ができたのはこの時期幸せでしょうか。
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/