忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/12∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♪ルールールー、さーんじにあーいまーしょーー



3時にあいましょう(さんじ - )は、1973年7月2日から1992年10月2日まで、平日の15時台にTBS制作で放送された午後のワイドショーである。


10月14日(水)夕方、

群馬往復300kmから帰ってきて2日、この日は渋谷に用があった。

いつものように、バイクで渋谷に行ったが

普段使っている駐車場がこの時間には珍しく満車

仕方がないので、駐車場が空くまで周辺をしばらく走ることにした。


旧山手通りにて


いつも曲がるところを、うっかり通り過ぎそうになってしまった。

そこで、不用意にもブレーキを強めにかけてしまったところ

まさかの前輪がロック(=スリップした状態)、

そしてそのまま車体ごと右側に転倒


膝を思いっきり擦ってしまい、血がジーンズに染み出た

しかし、幸いにも後ろを走っていた車がすぐ止まってくれたおかげで

大事には至らず、車体は、ブレーキペダルが曲がったのと

マフラーに細かい傷が付いた以外、特に大きな被害はなく、

ようやく空いた駐車場にバイクを止めて、用事を済ませて帰宅した。


…と思ったら帰宅して重大な事実を発見!!


自分で塗装したVTRミニカウルタイプIII

道路に削られてあられもない姿に・・・orz

カウル、事故後

塗装が剥げた、というレベルではなく

穴こそ空いていないが、下の本体部分までごっそり削られている。


万事休すと思われたが、

この後、素人とは思えない奇跡的な技術が

見事にカウルを蘇らせた!!

11月1日(日)、カウル修復プロジェクトが開始された。


まずは傷が付いた塗装部分にヤスリがけを行い表面をなだらかに。

続いて本体もごっそり削られた部分を、パテで穴埋め

さらにパテが乾いた後にもヤスリがけを行う。

カウル、パテ補正後

今回使用したパテも、小学生の時にミニ四駆で使うために買って

そのまま10年以上使わずに未開封だったものを使用したため0円。


次に、ようやく塗装を行う。

まずは塗装しない部分をマスキング(=紙をかぶせてテープを貼る)。

下地処理のシルバーで、全体をなだらかにする。

しっかりと平らになるまで間をおいて何度も何度も重ね塗り。

本編とも言うべきブルーも同様に状態を見ながら丁寧に重ね塗り。

最後に仕上げのクリアーを塗装して完成した姿がこちら

カウル、塗装後


どうでしょう?

削れた部分が、ほとんど目立たなくなった。


簡略化した行程だけ見ていると容易な作業のようだが

実際は約1週間かかる大変根気の必要な作業なのだ。



ここで、何か気づかれた方は古畑か金田一だ。

事故が起こったのが10/14で、カウルの修理開始が11/1。

半月も破損箇所を放置している。


なぜ半月も経っていきなり修理し始めたのか?

忙しかったから。

それも間違いではないが、実は直近に迫ったある目的のためである。


その目的とは?

明日、重大発表!!

お見逃しなく
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/