忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/08∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一昨日の放送にて

明日、重大発表!!

なんて断っておいたのに、昨日は結局放送できなくてすいません


1日経ってしまいましたが、今日こそ重大発表をします


それは・・・


お遍路セット

四国八十八ヶ所巡礼

をします。


それもツアーバスでとか手軽にではありません。

14日間、1人きりで

そしてバイクで。
足柄SAにて


実は水曜どうでしょうというバラエティ番組で

四国八十八ヶ所を4~5日で回るという企画で、四国遍路を知った。

宗教社会学の授業で「2008年夏にバイクで四国八十八ヶ所を回る」

と宣言したものの、予定がうまく合わず

とうとう1年以上経った今日(11/8)から巡礼を行うことになった。



実は何を隠そう、この放送は徳島のホテルから書いています。

後半では今日一日のあらすじを紹介します。


■9:00AM 自宅

母に見送られ自宅を出発し、すぐ近くのガソリンスタントで

13リットルのタンクをレギュラーガソリンで満タンにした。

環八を走ること、すぐに東名の東京ICにたどり着いた。

考えてみるとETCの取付の日にテストで使ったのと同じ場所。

しかし入り口は同じでも出口ははるか630km先の徳島の鳴門IC


■13:30PM 刈谷パーキングエリア

足柄SA、牧之原SAに続いて3ヶ所目の休憩地に選んだのは

豊田JCTで東名から分岐した伊勢湾岸自動車道刈谷PA

というのも東京を出発して、目的地の徳島に行くために

途中の給油を最小限にするためには、

この刈谷PAのガソリンスタンドで経由しなければならない。


ちなみに燃料計のないバイクではあるが

リザーブタンクと言って残りガソリンの容量が1リットルを切ると、

レバーを切り替えないと残りが使えないという仕組みになっていて

それでガソリンの残量が少ないという目安になる。


そして、このときリザーブタンクに切り替わったのが

伊勢湾岸道から刈谷PAの入り口に入ってすぐ、

出発から325kmでの出来事で、計算はほぼ正しかったことになる。


■15:30 大津サービスエリア

大津SAにて

4ヶ所目の休憩地は、琵琶湖を望む大津SA

サービスエリアという割には、GSも廃止され規模も小さく、

設備も簡素で、これまでとはかなり違ったSAの印象を受ける。


大津SAを出てからは都市部の夕方と言うこともあって大渋滞。

これまで80km/h以上で来ていた道のりが嘘のように低速移動。


■17:20 淡路サービスエリア

17:00には徳島に到着できる予定だったが

出発時間の繰り下げやら渋滞やらで、

ようやく明石海峡大橋を渡り本州を脱出するのが限度だった。

淡路SAにて


淡路SAは今までのSA・PAと比較しても格段に規模が大きい。

観覧車なら刈谷PAにも存在したが、

建てものの大きさとなると全然比較にならない。


この時間になると辺りはすっかり暗くなっていて

淡路島縦断は暗闇の中で遂行されていった。


■19:00 徳島市内ホテル

ついに18:30過ぎに鳴門ICを通過。

630kmという長距離を走っても、
高速道路の通行料金は3,800円

19:00に予約していたホテルに到着。

バイクと荷物を置いて、近所の徳島ラーメンの店へ。

徳島ラーメン

味付け玉子入りのラーメン(700円)が、

今日の疲れを洗い流してくれるようだった。




今日は一日にバイクで650km走るという快挙を成し遂げた。

明日からはいよいよ八十八ヶ所巡礼が始まる。

どういった巡礼になるのか

これから可能な限り毎日、報告していきます。
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/