忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/05∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ四国八十八ヶ所最終日。

果たして遍路を終えて無事に東京まで帰還できるのか?



■8:00 香川県高松市 東横イン高松中新町 5階客室

シングルルーム料金で2泊したダブルルームの部屋
東横イン高松中新町 ダブルルームからの景色
実は景色がものすごく悪い。

ホテルを出発。

次に泊まるのはホテルではなく680km離れた東京の我が家だ。

■9:10 香川県高松市 84番札所 屋島寺(やしまじ)
屋島山駐車場

屋島ドライブウェイ(二輪は往復430円)を経由して到着した屋島寺。

屋島

屋島という屋根状の平らな山の上にあり、

あの平安時代末期の「屋島の戦い」の舞台としても有名な山だ。

屋島寺

ケーブルカーが5年前に営業休止して廃止されたため

車やバイクがなければ歩いて登山するか

タクシーを拾うかバスに乗らなければ来られない。


■9:43 香川県高松市 85番札所 八栗寺(やくりじ)

次の八栗寺も山の上にある寺だ。

徒歩やバイクで山門近くまで行けるらしいが体調を考え
八栗ケーブル八栗登山口駅
往復900円の八栗ケーブルを利用することにした。

しかし、15分間隔で出ているケーブルカー、

ギリギリ9:45発に乗れなかったため10:00まで待つことになった。

10分ほどして下りの車両がやってきた。
八栗ケーブル車両

発車すると5分ほどで八栗寺の近くまで到着。
八栗ケーブルレール
正直、15分も待つほどだったら、前日の太龍寺と比べて

そのままバイクで上がってもいいほどの、

そんなに険しいとは言えない山道であったようだ。

85番札所 八栗寺 山門

急いで巡礼を済ませて10:30発のケーブルカーに駆け込んだ。
八栗ケーブルすれ違い

■10:40 香川県高松市 うどん本陣山田家 山田家

八栗ケーブルの駅からも近い場所に
うどん山田家看板
うどん本陣 山田家という有名なうどん屋がある。

ここで早めの昼食を取ることにした。

うどん本陣山田家

築130年以上のしゃれた屋敷を店舗として使用している。

このお店は釜ぶっかけが有名だが、

今後の、夜にまで及ぶと思われる最後の試練に備えて

しっぽくうどん定食
暖かいしっぽくうどん定食(700円)を頂いた。

雰囲気のいい店で、値段も安いのに味も申し分ない。

うどんで勢いをつけて86番志度寺、87番長尾寺、そして・・・


■12:55 香川県さぬき市 88番札所 大窪寺

山間のワインディングの効いた道を走ると、それは現れた
大窪寺 山門
四国八十八ヶ所 88番札所 大窪寺

大窪寺 二天門
さすがに土曜日の午後、最後の札所と言うこともあって人も多い

大窪寺 本堂
88番目本堂

大窪寺 大師堂
88番目大師堂

納札箱
176個目の納札箱に176枚目の納札を入れる。

いつものように読経、これが最後だと思うと感慨深い。

そして88番目納経

これで13日間に及ぶ四国八十八ヶ所巡礼は終了。

本来なら感動がこみ上げて来るのかもしれないが

そうも言ってられない状況が、このあと待っているだった…。

■13:30 香川県さぬき市 大窪寺駐車場

遍路道具をバッグにしまい込み、高速道路用の防寒対策。

両膝と背中の計二ヶ所にカイロを忍ばせる。

比較的、東京に近いインターチェンジまで山道を進む。

高松自動車道白鳥大内IC近くにあるガソリンスタンドで

給油とタイヤの空気圧確認をやってもらった。

考えてみると東京出発前にバイク屋でやってもらった以来だ。


■14:45 香川県東かがわ市 高松自動車道 白鳥大内IC

いよいよ高速道路に。東京までの距離は約650km

トンネルを抜けて徳島に入り、

すぐに大鳴門橋を抜け、四国との14日間は終わりを迎えた。

淡路島を経由して明石海峡大橋から2週間ぶりの本州。


本州に入ると週末の夕方だけあって大渋滞

余計に東京までの道のりが遠くなっていくような気がした。


■17:30 滋賀県大津市 名神高速道路 草津PA
草津PA

最初の休憩は大津市にあるのに草津という名前な草津PA。

遂に日没を迎えていつものように気温がガクッと下がった

グローブにミニカイロを入れて、さらに防寒対策を施す。

自販機で舌の焼けそうなコーヒーを買って飲んだ。


■20:00 愛知県豊川市 東名高速道路 赤塚PA

新名神高速道路では途中一瞬雨に降られ、

東名阪自動車道では大渋滞に巻き込まれ

伊勢湾岸自動車道では吹き飛ばされそうな風の中を走り抜け

ようやく豊田JCTから東名高速道路に入った。

カイロを入れているはずなのに全く入れている感覚がない。

東京まで275kmというところにある赤塚PAで、
赤塚PA
今日、二度目の休憩に入った。

本当にやけどでもしそうなコーヒーを飲み、

ローソンで10枚入りのカイロを買って、5枚ほど貼り付けた。

走っていなくてもかなり寒く感じる冬の夜。

30分の休憩は残りの300km近い道を少しでも地獄から遠ざけるのか。


■23:00 静岡県御殿場市 東名高速道路 駒門PA

静岡市付近だったろうか、300mほど前を走っているトラックが

左右に蛇行を繰り返す変な動きをした。

すると、道路に何かが落ちているのが見えた。

目の前まで来てわかった、猫と思われる動物が轢かれた姿だ。

あと数秒、猫が遅れていたら一体どんな事態になったのやら。


最後の休憩は東京まで90kmの駒門PA。

寒さの上、ずっと体勢が固定されていたので、

降りるときには腕がなかなか動かなくなっていた。

残念ながらこの時間になると売店は閉まっていて、

まともに屋根があるのがトイレだけという過酷な状態。

またまた、猫舌には限度を超えた熱さのコーヒーを体内に注ぎ

東京へ向けて最後の力を振り絞った。


■24:10 東京都世田谷区 自宅

2週間ぶりに見る近所の風景。

そんなに長い間、離れていたわけではないのに

まるで初めてやってきた四国の街の風景のように見える。


短い時間でも、それだけ多くの景色を眺める経験をして、

故郷の景色の記憶が薄らいだということなのか?


自宅前の通り角には母が立って待っていてくれた

久々に見る母の笑顔。

寒くても、そんなことは感じさせない暖かい顔だった。


14日間の短いようで長い旅は母の手作りシチューで終えた。



感想コメントを書こうとしたあなた、まだ早い。

実は意外なところで旅の後遺症を抱え込むことになった。

次回、総集編と後日談、お楽しみに!
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/