忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/08∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8日目、この日は前日までの疲労がピークに達し

バイクでの移動を諦め、徒歩と公共交通機関を利用した、

市内観光を中心とした日程の日曜日を実施した。

しかし、そこで我々は衝撃の事実を目の当たりにした。

松山市・石手寺奥地に地蔵マントラは実在した。


※今回は探検シリーズのナレーション(田中信夫)で読んで下さい。





■8:45 東横イン松山一番町 1階ロビー
じゃこてん付き朝食

東横インの朝食というと、定番のおにぎりと味噌汁だが

ここ松山では名物じゃこ天(右上)も食べることができる。


■10:15 愛媛県松山市 大街道商店街

街に出た我々は、そこで異様な街の光景を目撃する。

大街道商店街

どこもかしこも今月末から始まる「坂の上の雲」の話題で持ちきりだ。


■10:45 済美高等学校

松山市駅で列車を待っている直前に、ある事実を知ることになる。

まだ改札に入っていなかったので、次の列車までの間、

急いでその場所に行ってみることになった。

済美高校

甲子園を始め数々のスポーツ大会で好成績を収め、

進学実績も高い、県内有数の私立高校・済美高校。

なぜこの場所に来たかと言えば、ゼミで一緒のKさんの母校だから。


■11:15 49番札所 浄土寺(じょうどじ)

松山市駅から伊予鉄道でやってきたのは49番札所浄土寺。

49番 浄土寺

残念ながらここでは特筆すべきことは何もなかった。

しかし、次の50番繁多寺まで歩く途中、思わぬ光景が目に入ってきた。

墓場の中の遍路道

一見、墓場を通るかのような遍路道。

我々の進むべき運命を暗示しているのだろうか。

■12:20 50番札所 繁多寺(はんたじ)

50番 繁多寺

繁多寺と言えば、水曜どうでしょう「四国八十八ヶ所3」での
大泉「ハンダごてでほいのほいのほ~い」

森崎「はんたじ~!!ファンタジ~~~!!!」

というリーダー登場シーンが有名だが、ここも特に異常はなかった。


■13:10 51番札所 石手寺(いしでじ)

51番 石手寺・山門
高校まで、この近くに住んでいたKさんから聞いた情報によれば

この奥地に、まだ誰も足を踏み入れたことがない洞窟があるという。


すると本堂の横にこんな看板が現れた。

51番 石手寺・洞窟看板

決死の覚悟で進むと…

51番 石手寺・洞窟入口1

ついに洞窟の入口らしき場所が出現した。

51番 石手寺・洞窟入口2

いよいよ洞窟内の潜入に成功することができた。

洞窟内は左側通行のため、中央が柱で仕切られている。

しかしそこにあったのは仕切りではなく、地蔵そのものではないか。

51番 石手寺・洞窟内

しばらく歩くと何やらありが見え始めた、出口である。

51番 石手寺・地蔵マントラ

我々の求めていたのはこの地蔵マントラだったのだろうか?

他に出口はないか、再び洞窟内に戻り調べることになった。

51番 石手寺・洞窟内

洞窟内は暗く常に危険が隣り合わせている。

すると、途中の分かれ道の先に驚くべきものがあった。

51番 石手寺・洞窟先端

51番 石手寺・洞窟出口


探検を終えて、我々を癒したのは石手寺名物やきもち

石手寺名物・やきもち包装

見かけによらず大変おいしい。

石手寺名物・やきもち

そのまま歩いて近くの道後温泉に向かった。


■14:10 愛媛県松山市 道後温泉

道後温泉

まだ昼食を食べていなかったので、食事処探し。10分以上回って、

「営業中」と書かれたかなり年季の入った中華料理屋を見つけた。

天津飯 480円

このボリュームで、スープも付いて480円はお得だった。

四国に来てからというもの、シャワー以外浴びて来られなかったので

道後温泉本館

道後温泉本館で入浴(400円)、タオル・石けん別でちょっと高い。


■15:45 道後温泉駅

道後温泉駅

道後温泉に入る手前、駅の売店であるものをもらってきた。

坊ちゃん列車

これもKさんオススメの坊ちゃん列車。

早めに整理券をもらってきたので乗車順は1番。

坊ちゃん列車・車内

非常に短い時間でしたが変わった形の市内観光ができました。
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/