忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/06∥123456789101112131415161718192021222324252627282930
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[46] [45] [44] [43] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水曜日、サークルの後輩から過去問のコピーを頼まれて
届けに行こうと昼休みに部室に行ったところ
なぜか箸や紙皿が用意されていた。

しばらく考えていてわかった。
鍋二郎
今日は鍋二郎の日だったのだ。

「鍋二郎」って何?という疑問に答える前に
ラーメン二郎について説明しよう。
ラーメン二郎とは港区三田にあるラーメン店である。
脂ぎったスープ・太麺など一風変わったそのラーメンは
あれはラーメンではなく二郎という食べ物だ。」という人もいる。
そしてその量は圧倒的で「小」サイズを頼んでも、
通常のラーメンの倍の麺や野菜が入っている。

自分も2回ほど挑戦したが、その量の多さに死ぬ思いをした。


では「鍋二郎」とは何か?

いわばラーメン二郎の裏メニュー的存在で
鍋を持参してその中にラーメンを入れてもらうものである。
裏口から注文という裏ワザの雰囲気が漂う。

トップ画像の鍋二郎は、店の人曰く「5人前」ということらしいが
サークルの9人で食べてちょうどいいぐらいでわずか1000円



何度か「量の少ない」という目黒店を含めて食べた二郎であったが
今まで量の多さから余り好きになれなかった。
しかし鍋二郎を通して普通の量だけを食べると
醤油味・太麺など自分好みの味であることがわかった。
何だか自分もジロリアン(ラーメン二郎ファン)になりそうです。

ただそのためにはあの量をどうにかしなければならない。
そこで…

あの名店の味を自宅で!!
ラーメン二郎お持ち帰り作戦
   ~鍋をもって電車に乗れるのか?~


近日公開(予定)
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/