忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/06∥123456789101112131415161718192021222324252627282930
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「慶早戦」
この言葉を聞いて何のことだかわかるだろうか?
一般的に言う「早慶戦」である。
某大学では「慶早戦」と呼ぶことが正式になっている。
しかし、大学の公式資料や大学構内・球場内の張り紙など
限られた場所で文字としてしか使われおらず
口頭で言うときは100%「早慶戦」である。
何だか「日韓共催」か「韓日共催」かという問題に似ているような。

六大学野球は毎年春と秋に行われ、
自分は今年度で卒業するはずなので、
当然、学生側の客席に入って応援できるのは今期で最後だ。
学生券を個人で購入するという手もあるが
サークルでまとまって上部団体を通して観戦する方法もある。
1、2年の時はよく行っていたけど
3年になったときはあの手ぬぐい王子(仮名)が登場したせいで
サークル内の参加希望者が上限ギリギリまで増えそうだったので
自分はあらかじめ参加を自粛した(結局それでも人数オーバー)。

その時以来この1年半は全く行っていなかったが
今回ばかりは思い出作りに行くことにした。
日吉代表から参加希望者募集のメールが回ってきたので
それに返信して日程の決定などのメールを待っていた…

が、しかし思いも寄らない事態が発生した!

参加者一人

これでも最初は3人くらいいたのだが
余りの参加者の少なさに他の人たちが全員辞退したからだ。

1年半前は20人以上いたはずだが、
なぜこんなに少なくなったのか?
手ぬぐい王子のブームが沈静化したという見方もあるが
我がサークルの場合、特有の事情がある。
ちょうど慶早戦の観戦予定日の翌日から
熱海への1泊2日温泉旅行が予定されていたからだ。
その参加者は全部で12人
大抵の人は1度見れればそれでいいんだろうか。



11/1、観戦当日を迎えた。
上部団体からのチケットの受け取りの詳細に関する連絡が
日吉代表から当日の朝になっても来ないので
9:00になったらこちらから連絡しようと思っていたら
日吉代表から連絡が来た、何とその時間は8:57
しかも神宮球場で10:30に受け取ってくれと言う内容。

おい、神宮球場まで何時間かかると思っているんだよ?
と思いつつも定期券内の大江戸線を使って国立競技場駅で下車。
土曜日ということもあって場所柄サッカーサポーターが多い。
明治神宮球場
意外と45分くらいでついてしまいました。
神宮球場案内板
上部団体の人が現れるのは11番ゲート。
しばらく11番ゲートで待っているとその団体の看板を持った人が。
自分が所属するサークルの名前を告げると
なぜか13番ゲートに行ってくれと、その人は言った。

そこに行くと色々なサークルの人がいる。
しかし当然ながら10、20人の団体で和気あいあい。
そこにいた人の上部団体の人からチケットと応援グッズを購入。
応援グッズ
紙製の組み立て式メガホンは前からあったが
今回から下のハタキ状のもの(何って言うの?)も加わった。

しばらく待っていると日吉代表からメールが来た。
「13番ゲートに行ってくださいということです。」
やっぱり一人団体参加は限界あるよ

他のサークルと一緒に指示されたとおりに待っていた。
自分は先頭にいた。
しばらくして係員に案内されて球場内に入場。
ところがスタンドに入ったあたりで
後で一緒に入場していた男性に突然「どなたですか?」と言われた。
最初、何だかわからず、その男性もすぐに過ぎ去った。
後から考えてみると彼は自分の後にいたサークルの人で
そのサークルに自分が紛れ込んでいるように見えたからのようだ。
やっぱり一人団体参加は限界あるよ

実質的な個人参加と言うこともあってか
指定された場所はグラウンドに近い見やすい場所
試合開始は13:00で、その時間まで2時間近くあるが
応援の練習や落語研究会による寸劇が行われている。

試合自体は、前半エラーが目立つし終始相手ペースで
ホームランも盗塁もない非常につまらない試合。
隣の人と肩を組んで応援歌を歌うという得点の際の行事できたが
目の前で相手側の優勝が決まって、何だか残念だ。

球場から出た後、一応サークルとして参加しているので
「歴史学研究会(仮名)の皆さん、
慶早戦観戦にお集まりありがとうございました。
今日は参加人数も少ないので飲み会とかもやらず
これで解散したいと思います、皆さんお疲れ様でした。」

一人芝居をして球場を後にした。
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/