忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/12∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日は第2回ゼミ説明会
7月の第1回ゼミ説明会とは違って
今回は教室を借り、ゼミの発表時間が5分、発表後に質問ブースを設けるなど
かなり大規模となっている。
当然ながら授業終了後にやっていた前回よりも大幅に人は多い。

ご存じの通り、我が里村ゼミ(仮名)は存亡の危機が迫っており
昨年の第2回ゼミ説明会では
質問ブースに誰も来なかったという伝説が残っている。
だからゼミ説明ではある程度、インパクトを出さなければならない。
そこで今回用意したのはスケッチブック
宗教社会学で使っているものだがこれにある細工を加えた。

6:15に説明が始まり、我がゼミの発表は中盤の6番目。
発表時間が長く、前回やって馴れているのか、
全体的に軽く笑いをとったり、非常に和やかな印象を感じた。
そして緊張しながらも自分の番、挨拶をしたあと
「スーツにスケッチブック。これじゃ『悲しいとき~。』でもやりそうな感じですね。」
そして震える手で何とかスケッチブックを開いた…。
里村先生(仮名)の拡大した写真を貼り付けていた。
先生は朝鮮語の先生で社会学専攻の授業を持っていないので
専攻内での知名度が異常に低い。
そこで顔を知ってもらうため、写真を見せたのだが
当然ながら、「知っている人、手を挙げて」と聞いてもチラホラ。
「これこそ『悲しいとき』ですね。」と発言。

そのあとは話しかけるような感じで和やかに説明。
そして発表の最後、「皆さん…。」と言ったあと妙な間が空き
自分の体にヒーローが舞い降りた。

「きみたち、オープンゼミで僕と握手!」
発表が終了し、壇から降りるときも両足で着地

あの10秒間の自分は明らかに自分ではない。
本当に何者かにとりつかれたようだった。
…とりつかれて性格が変わり、変身するヒーローってさ
仮面ライダー電王 かよ!

とりあえず質問ブースには一人だけ来たし、
法学部の学生が一人、入りそうだから去年よりはマシだ。
でも何人来るのかな…。
オープンゼミは11/30 12/7、部外者も歓迎します。
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/