忍者ブログ
不可能を可能にする、それが画面ライダーだ!
2017/09∥123456789101112131415161718192021222324252627282930
 ≫ カウンター
 ≫ NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
 ≫ 最新のご意見・ご感想
[09/08 mac makeup coupons]
[09/07 mac makeup coupons]
[09/01 通りすがり]
[11/17 匿名視聴者]
[08/24 急行新逗子]
 ≫ アクセス解析
 ≫ QRコード
 ≫ ブログ内検索
[149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回「明日から」といっていたのに
結局、3日も経ってしまいました、すみません。
今日から福建旅行記スタートです。

2008年8月、中華人民共和国で初めての開催となった
北京奥林匹克運動会・北京オリンピック

しかしそれが開催される約10日前、
ある日本人の一団が同じ中国で
オリンピックにも負けないほどの特別な経験をしていた
…ということはあまりにも知られていない。

これはとある一流私立大学の教授・ゼミ員7人が体験した
かけがえのない1週間の全記録である。

2008年5月23日 東京 寧応義塾大学 南校舎446教室

ちょうどサークルの後輩がゼミに編入したころ、
後輩らから自分にこんな疑問が投げかけられた。
「夏休みの合宿ってどうなったんですか?」
これこそが今回の全てのきっかけとなっていたのだ。

自分が所属しているゼミは、東アジアの民俗文化を研究しており
指導教授の里村先生(仮名)が昨秋から1年間、
上海に研究休暇で留学されている。
昨2007年のゼミ員募集のときに
「2008年夏合宿は、上海へ」
と発表していたが、詳細なことは5月時点でも何も決まっていなかった。

3年生は当然、里村先生に会うどころか見たこともない人がほとんどで
4年生も実質的に一人しかいないので、
先生と連絡を取る役目は自然と自分に回ってきた。

先生にメールを出すと1日もしないうちに帰ってきた。
しかしその内容は意外なものだった。

船橋君(仮名)へ
 上海も急に暑くなって、早くも半袖の生活です。
(中略)

 夏の合宿に六人近くが参加するとなると、ちょっとした団体になりますね。
 7月末に一週間、福建省西部の竜岩というところにいきますが、8月の予定はなく、時間はどうにでもなります。
 ただし、場所が問題ですね。当初、上海を中心にしようと考えたのですが、ここはすでに東京並みに都市化が進展していて、おもしろみに欠ける。
 そこで考えたのは、福建省?田です。ここは廈門からバスで二時間半ほどのところです。ここでは、?仙戯をみることができます。何しろ、劇団は百あまりもあり、年中、どこかで奉納演劇があります。また旧暦7月半ばてあれば、目連戯もどこかでやっているでしょう。
(中略)

 日取りは、新暦8月13日-18日あるいは19日くらいでしょうか。到着日にすぐ?田に移動するとして、?田での活動は14-17日(この日は廈門に移動)。
(以下略)



合宿地変更はこの際、問題ではない。
文字化けで目的地がさっぱりわからないことだ。
廈門から2時間半で後に「田」と付く都市は案外簡単に見つかった。
莆田市(ホデン、Putian)
「福建省沿海側の中部、福州と泉州の間に位置している。」

とりあえず、他のゼミ員にも了承を取り付け
里村先生にもその旨を再びメールで伝えた。
しかし次なる困難が我々の前に立ちはだかった。

航空料金高騰
昨今の原油高で、上記の8月の中旬に廈門に行こうとすると
格安航空券でも全て含めると10万円を超えてしまい
日々生活が苦しい大学生には、ほとんど不可能な金額だ。

そこで、代わりにゼミを指導していただいている佐藤先生(仮名)とも
相談しながら日程をずらすことを考えた結果、
上記にもある通り、7月末に里村先生が福建省に行かれた際に
竜岩での用事が終わったあと我々が合流するという予定に至った。

7月の終わりからの便を探すとかなり安い航空券があり
大韓航空・ソウル経由で¥70,000
さらには中国国際航空・北京経由で
¥54,750(往復・燃油サーチャージ込み)
というものまであって、いくつかの旅行サイトを駆け回って
後者の¥54,750の便を5人分情報ワイドゆうがたGet!できた。

本来、学部生は自分を含めて6人いるが
今秋から台湾に留学する鎌倉君(仮名)だけは
フェリーで上海を経由して廈門に飛行機で行くという
別のルートをとるため彼だけ単独行動になった。

ともあれ、合宿の日程は以下のように決まった。
7/28(月) 成田→北京→廈門で先生・鎌倉君と合流し一泊
7/29(火) 廈門→莆田
7/30(水)~8/1(金) 終日、莆田で莆仙戯鑑賞など
8/2(土) 莆田→廈門一泊
8/3(日) 廈門で先生・鎌倉君と別れる→北京→成田

現地でコーディネートをされている方へメールを送ってもらったり
お土産を購入するなど
7/28に向けて我々は準備を整えていった。

しかし、その予定が
初日から崩れる事態となった!

続きはまた次回
第1章 北京一泊の理由
PR
▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL:
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 画面ライダーBLUE EX ] All Rights Reserved.
http://blueex.blog.shinobi.jp/